車のことは専門店に聞こう

車のことはカー用品店よりも豊富なノウハウを持ってるディーラーに聞け。

もう時効になった話ですが15年ほど前まだ商品でカーエアコンが売れていたところのことです。しばらくは何もなかったのですがある日客からクレームの電話が入りました。内容は変えエアコンをつけて以来頻繁にエンジンが止まると言うことです。旬の車ではそんな事はまずありませんが一昔前の車だとこーゆー症状が出ることがありました。

考えられる事は1つです。解約をつけた場合エンジンに負荷がかかるのでアイドリングの回転数は上がるのかアイドリング状態の時は火薬を切るかどちらかの上装置をつけなければならないのです。店舗から担当者が出向いて調整しましたがおかしいと思われる点は無い。やむなく通常よりアイドリングを高く設定しておきました。ところがそれからしばらくして曲から治ってないと言うクレームが入りました。それから数度にわたって調整を行いましたが結局治る事はありませんでした。昔の我慢の限界に来ていたこともあり店舗は本社に相談しました。軽自動車ではないととい返しましたズバリその車だったのです。
本社は自社で費用持つので純正と交換するようにと勧めました店舗は損しないので訳も分からずそれに応じました。本社の条件は純正の取り付けをエム車のディーラーにやらせることでした。隠して一見落着したのです。

商品到着はなぜこのようなことが起きたのか最後まで全くわからないのです。カーエアコンの知識だけで考えてもこの問題の本質はわかりません。実は他のメーカーの軽自動車にはリコールされていない欠品がありました。エンジンの給排気形の部品の取り付けの不具合です。エアコンをつけて負荷をかけるとエンジンが止まると言うものでした。これは山下のディーラーに極秘扱いで通達を出しており該当車両が入庫した場合は点検と言う名目で修理するように指示していたといいます。この内容知っていたの情報出資力もあるが様々な分野で女性部品を納品していたためそのつながりから情報入ったと言うことでありました。今でも世のことがあるかどうか分かりませんがしかし、各社の体質的なものは大筋変わっていません。カー用品店は相変わらず車のイレギュラー情報に良い。

しかし商品の取り付け等に直接関わらない部品についてはかなり情報が遅いのであります。例えばモノコックボディが降り出した頃リフトアップしたままドアを開けると外に傷がある車種がありましたまた電子制御部品が増えだした頃バッテリー交換の際に予備電源を入れないと支障きたすようなこともありました。これらの対応もおじさんにクレームがなくなってから初めて対策を打つケースが珍しくありませんでした。最近はようやく整備士も増えましたがカー用品店の、ピットマンは元々そういう方面の専門家ではありません。店員教育の体制から考えても新しい情報が徹底される環境はありません。扱っている商品に関してはメーカーから情報が入りますが車本体の情報は入ってきません。つなぎを着て車に下がっているのでついつい何でも知ってると思いがちですが一緒に専門があるようにこの業界にも専門がありそれぞれの得意分野があります。カー用品店、あくまでもヴィットマンであって決して車販売店ではありません。車に関して相談したいときはまずカーディーラーに行くのが1番間違いがないでしょう。

車を売るときも同じです。車の買取専門店が一番話が分かりますし、詳しいのであらゆる売り方を熟知しています。なので、海外に販路があったり、自社で再販したりすることで、コストを削減できて、買取さてい額を上げることができる可能性が高いです。ジムニーなんかもコアなファンが多いので、買取価格は上がる可能性が高いので専門店の査定をしっかりと受けるのがおすすめですね。

ジムニー 下取り 高い

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です